新潟県三条市 放課後等デイサービスなど地域のマナビバです

どんな施設なの&ご利用案内

  • HOME »
  • どんな施設なの&ご利用案内

0306-2(2016.4/1オープンしました!)

 私達は生活・行動支援が必要なお子さんに楽しい時間、空間を提供し、お子さんの自尊心を尊重し、個性を生かし、長所(強み)を伸ばしていく支援を実施します。

shubasa-203-1

「放課後くらぶ つばさ」は、お子さんが自由に自分を表現できる居場所です。

 支援を必要とするお子さんを対象に、放課後の居場所をつくると共に、適切なトレーニングを取り入れた遊びや勉強を行う場所です。ご家族のレスパイトケア(休息・休養)も勧めていきます。

 主に、遊びを通して子供達の可能性を発見し、本来持っている才能を引き出す支援をしています。

※ただ預かるだけの施設ではありません。行き届いた支援を心がけます。

images0123定員10名のところ:職員は、児童発達支援管理責任者1人、保育士(3~4)人、精神保健福祉士1人,介護福祉士1人、元教員の方4名、パソコンインストラクター2名、塾講師1名・・・など(重複の場合有り)、など実務経験も豊富な職員(パートさん含む)を配します。とても手厚い支援が特徴です。

これから社会にでていく上での適応性や集団のマナー(挨拶、着替え、トイレ、かたずけ、必要な学力・・・など)を身に着けてもらうと共に、たくさんの人の愛情を受け取ってもらうのが目的です。必要ならば勉強やパソコンも教えます。

 障がいの有無にかかわらず、すべての子供達が安心して安全に、のびやかに育つ環境づくりを目指しています。

お問い合わせ:放課後くらぶつばさ 0256-55-4370

(平日:午後1:30~午後6:30)

(土曜など:午前9:00~午後4:30)

三条市役所福祉課 0256-34-5511(代表)月~金

または、三条市の福祉の相談センターまで

つばさのご利用案内

・対象者 小学校1年~高校3年までの児童で発達障がい、知的障がい、学習障がいのあるお子さん。または放課後等の支援が必要とされるお子さん(但し:重症心身障がいの方は除く)
・利用時間 月~金: 午後1:30~18:30  土曜日、長期休み:午前9:00~午後16:30
・休業日 日曜、祝日、年末年始、お盆、毎月第三土曜日
・定員 1日10名

 

 

4つのつばさ&ご利用料金 へ

 

d

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0256-55-4370 FAX 55-5137 [平日]13:30~19:00 [土曜・長期休み]9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 地域のマナビバ ミナミトピア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.