新潟県三条市 放課後等デイサービスなど地域のマナビバです

☆つばさの支援の特徴は

  • HOME »
  • ☆つばさの支援の特徴は

PR1060896 ご利用のお子さんもいずれ巣立って、社会人となる訳です。

 そんな時に適応できるよう、そして自立できるように、最低限の支援を行っております。そこには何といっても職員がお子さんに対して、どのくらい愛情や高い努力目標を持っているか大切なことと考えております。(写真は体操教室の様子)日々問題意識をもって、よりよい施設をめざして日々努力をしております

①排泄に関する支援

 お子さんの中には完全にトイレで排泄ができない子も見受けられます。そんな子のためにトイレトレーニングを毎日、随時行っております。トイレをきれいに気持ちよく使うことができる子を目標にしています。

②学習支援

P1070089P1070090

それぞれのお子様にあった勉強を一日30分程度、指導しております。当事業者では教員免許を持った方や塾講師の方がスタッフにそろっております。(パートさん含む)無理なく、楽しく学習指導(小1~高3)をやっております。

努力することの大切さや喜びを繰り返し教えます。

 

国語:ひらがな、カタカナ、漢字、音読(国語)、

算数:数字(数)の認識、足し算、引き算、掛け算、割り算など

 

音楽:毎月合唱曲を決めて楽しく歌を歌います。また誕生月のお子さんの為、決まった日にハッピーバースディーも歌います。また電子ピアノがあるので、練習も可能です。

パソコン:希望者には、いずれ必要となるパソコンの簡単な使い方や入力(タイピング)などを学習します。パソコンを使って自己表現ができる子も期待できます。P1070093

 

③生活支援

お子さんが小学校から中学校、そして高校、社会人となるわけですが、その時の最低限の日常生活の支援(躾)などを支援します。

・挨拶ができるお子さんに育てる。(おはよう、こんにちは、さようなら、ありがとう・・・など)

・自分の靴を踵を手前にそろえる。

・ロッカーにきちんと道具や持ち物をしまう。

・退席するときは椅子を中に入れる。

・自分で遊んだおもちゃや本は必ず自分で片付ける。

・着替え(ボタン外し、止め)が自分できちんと早くできる。・・・など基本を指導しています。

④コミニュケーション能力を高める。

つばさでは一日10人ほどのお友達が利用します。(小学1年生~高校3年生まで)学年上のお子さんが学年下のお子さんをかわいがる場面や反対に教えてもらう場面も多々あります。いろんなお子さんと接しコミニュケーションを取れるようになれればと思っております。(一緒に本を読む、一緒に散歩をする、卓上ゲームをする、キャッチボールをする・・・・)

⑤お母さんをはじめ家族のレスパイトケア(休息・休養)のための施設としての役割。

子育ては365日休みなしで継続していきます。まして、職業をお持ちの方も大勢いらっしゃいます。そんなお母さん(家族を含めて)のレスパイトケア(休息・休養)も時には必要になってくると思います。そのための施設として機能するために、平日の放課後、土曜日(毎月第3を除く)、長期休み(夏休み等)にお子さんをお預かりしております。そしてまたリフレッシュしてよりよい子育てができますよう支援します。

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0256-55-4370 FAX 55-5137 [平日]13:30~19:00 [土曜・長期休み]9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 地域のマナビバ ミナミトピア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.